神のゴミ箱

作品紹介

ある日、ゴミ箱のゴミがひとりでに増えた。
それが『彼女』との触れあいのはじまり。

 ある日。とあるアパートの住人、神 喜助(じん きすけ)のゴミ箱の中身が、ひとりでに増えた。ここの住人の誰かのゴミが、何故か転送されてきている。糸くず、美しい髪の毛、小説の下書き、そして『恥ずかしいポエム』。
 しかし、読んでいるこちらが赤面するそのポエムは、どうやら『遺書』らしい。つまり、ここの住人の誰かが、死のうとしている?
 自殺防止に奔走したり、女子中学生の援助交際を諭したり。
 神(のゴミ箱)のお告げにより、退屈だった彼の人生は、ささやかに動き始めた。
 これは、『どこかとつながっている』ゴミ箱を巡る、すこし不思議な住人たちの物語。
ある日。とあるアパートの住人、神(じん)のゴミ箱のゴミが、ひとりでに増えた。ここの住人の誰かのゴミが、いつのまにか転送してきているのだ。変なポエムに、小説の下書き。これは、『どこかとつながっている』ゴミ箱を巡る、すこし不思議なアパートの住人たちの物語。

章題

1章   『2000mg配合
3章   『彼は彼女に彼女は彼に彼も彼女に、そして彼女と彼は』
4章   『小鳥のさえずり』
5章   『うつろう光の雨 オフホワイト 闇夜を灼く白昼 サンライトイエロー そして、巡り往く季節の檻 セルリアンブルー』

登場人物


クロスオーバー


パロディ元ネタ


表紙

kamigomi.jpg

  • 最終更新:2015-02-26 01:52:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード